スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『新宿野戦病院』2話ネタバレ感想|単なるコメディとしては面白いけど…

ドラマ
引用:フジテレビ|新宿野戦病院|https://www.fujitv.co.jp/shinjuku-yasen/

2024年7月3日から放送がスタートしたフジテレビ系テレビドラマ『新宿野戦病院』。
内容は「救急医療エンターテインメント」となっており、クドカンこと宮藤官九郎さんが脚本を担当すると今期話題のドラマです。
第2話を視聴したので、感想を書いていこうと思います。

内容にはネタバレを含みますので話の詳細を知りたくない人は注意してください。

スポンサーリンク

公式あらすじ

ここは新宿歌舞伎町。聖まごころ病院の医師として働くことになったヨウコ・ニシ・フリーマン(小池栄子)。病院として求めていた“外科医”が入ってくれて順風満帆に見えたが、美容皮膚科医・高峰享(仲野太賀)は悶々と悩みを抱えていた。
「私にとって、社会は平等じゃないから、虚しくないんです」 。
NPO法人「Not Alone」の新宿エリア代表・南舞(橋本愛)に言われた言葉がずっと引っかかっていたのだ。南が“平等じゃない”ことを良い言葉として捉えていることに納得がいかず、自問自答の末、答えを見つけるために「Not Alone」の活動に参加することに。
一方その頃、聖まごころ病院では鎮痛剤を大量に摂取し、トー横キッズで赤い髪の少女・マユ(伊東 蒼)や、鼻の奥にワイヤレスイヤホンが詰まってしまった10歳の男の子が搬送されてくる。イヤホンは無事取り出すことに成功し、マユも翌日、母親のカヨと共に帰っていったのだったが、彼女はある悩みを抱えていた…。
さらに『歌舞伎町顔面偏差値テストの結果発表!』で聖まごころ病院の性感染症内科医・田島琢己(馬場 徹)が選出され、それがきっかけで一人の女性を巡りトラブルに発展するが…。

フジテレビ『新宿野戦病院』公式WEBサイト

『新宿野戦病院』2話の流れ『ネタバレあり』

病院で朝食を食べていると、享は今日の当直を代わってくれとヨウコに頼む。港区女子とのギャラ飲みがあると。

夜、享は宣言通りギャラ飲み。先日、舞に言われたことが頭をよぎる。「この社会は平等ですか」と。
平等じゃない。親の金でシャトーブリアン振る舞ってる成金ドクターと公園で寝泊まりするホームレス。
平等なわけがない。むしろ舞に優しくされるホームレスの方が自分より幸せなのではないか。
港区女子は適当なこと言ってれば2〜3万もらえる。
「絶対におかしい」
口に出てしまった。
「おもしろくねぇさっきからひとつも」
亨はぶっ壊れて意味不明なことを次々と言葉にしながらお金を置いて店を出る。
その足で西麻布から新宿へ走ってNPO法人「Not Alone」に。

舞らしき女は着飾った姿でまたホテルに入っていく。それを岡本がスマホで撮影し、「やってんなぁ」と。

裏通りの立ち入り禁止の千吉ビルに少女2人が楽しそうに入っていく。
階段で意識を失った少女が「あれ?まゆじゃん」
どうした?と声をかけるも反応はない。まゆの近くには空になった薬の包装が大量に散らばっている。

まごころ病院の電話が鳴り救急搬送されるまゆ。オーバードーズだ。
付き添いの2人の少女に話を聞くと、飲んだのは市販の鎮痛剤。
そこにまた病院の電話が鳴る。10歳の男の子の鼻にブルータスが入ったと…白木には理解できない。

亨はNPO法人「Not Alone」で舞の活動を手伝うことに。

診療台の男の子の鼻の穴を覗き、何かを取り出そうとするも、男の子が痛がって取り出せない。
何かが聞こえたヨウコはまわりに静かにするよう促す。
処置室の面々は静かに耳を澄ますと…かすかに聴こえるのはサザンの歌。栞のテーマ。名曲である。
はずきは不思議に思う。鼻から?なんで鼻から?と
男の子の母親はカバンからスマホを取り出し何やらタップする。
栞のテーマがストップする。
母親は再生ボタンをタップする。
再び栞のテーマの続きが流れ出す。
男の子はかすかに微笑む。
レントゲンを撮るとブルートゥースのワイヤレスイヤホンだ。
ブルータスは白木の聞き間違えだった。
院長は、これが本当の鼻歌だと言う。
処置室は大きな笑いに包まれる。
笑い声で目が覚めたまゆはカーテンからその様子を見る
そして無事にイヤホンは摘出された。

居酒屋では亨と岡本が一緒に食事をしている。
亨は舞が可愛かったとはしゃぎながら、二度と手伝いはしないと言う。
なぜ自分が貧乏人の目線におりていかなければならないのか意味がわからないと。
「俺が舞にあわせるんじゃなくて、舞が俺に合わせるべきじゃね?」
呼び捨てだ。
舞は無垢で汚れを知らないのだと。

1時間前、ホテルから出てきた男を呼び止め話を訊いていた岡本。
その男はデリバリー形態のSMクラブの常連で、SMを熱く語っている。
指名の女王様の写真がお店のwebサイトに1枚だけあったと岡本に見せてくれた。
舞だった。

岡本はその写真をスマホに表示して亨と写真を交互に見る。
俺ならカネで舞を幸せにできると言う亨。
岡本は熱く語る亨と写真を交互に見続けている。時折微笑を浮かべながら。

寝ているヨウコは物音と気配に目が醒める。
ドアを開けると廊下にまゆが。まゆはお腹が空いたという。
病院事務所でペヤングを食べる。
まゆは自分の今後を不安がっている。家に帰されるのも児相も嫌だと。
ヨウコはなぜオーバードーズをしたのか訊く。死ぬつもりだったのかと。
まゆは「わからない」と答える。薬飲んでボーッとしてると余計なことを考えなくて良いし、死んだとしても誰も悲しまないと言う。
ヨウコは被せるように自分は悲しいと言う。
今まで戦場でいろんな人間がいろんな死に方をするのを見てきたが、死ぬ時は皆一緒だ。
心臓が止まり呼吸が止まり冷たくなる。まゆが死んだら自分は悲しいのだと。

朝が来てヨウコとまゆは一緒に歯を磨く。
未成年の場合、トラブルや家庭の問題について地域のNPOや各機関に連絡をしてから親に連絡をすることになっている。
そしてまゆの母親が迎えに来た。
車に乗り込んで走り去るのを見送るとき、後部座席のウィンドウからタトゥーの入った腕が伸び、タバコの灰を落としていった。
その手を見た舞はハッとする。

事務所に白木が雑誌を持って騒ぎながら走ってきた。
ホストYoutuberの呼びかけで人気投票されており、まごころ病院の田島先生が7位にランクインしている。
最近、平日の昼は若い女性患者が多く詰めかけているのはコレのせいだった。

夜の新宿のコインパーキングで田島はホストに絡まれる。
7位の田島はお前か、俺の姫に手を出しやがってと。8位のホストダイスケ・ダルメシアン3世だ。
田島は抗生物質は出してるが手はだしていないと反論する。
ホストは田島の胸ぐらを掴んで「お前のところ、美容整形やってねぇのか」と訊く。
離れて見ていた亨がはーいと手を挙げる。
美容皮膚科担当の高峰ですと。
タブレットでダイスケ・ダルメシアン3世の顔写真を撮り、その場でシミュレーションを行う。
見積もり額は税込100万円。
シャンパンタワー1発じゃんと言いながら姫にすり寄るダイスケ・ダルメシアン3世。
姫は「がんばるー」と。

病院事務所で亨と田島が手を組み合う。
外科医なんかいなくても美容と性病の両輪で回せるのだと言う。それが歌舞伎町なんだと。
設備はどうするのかと田島が言う。専門の機器など高額なのではないかと。
そこに不動産コンサルの啓三が入ってきて言う。私にまかせろと。
いっそまごころ病院を買い取っちゃうかと亨に言う。
亨もまんざらではない様子で「そうだね父さん」と。

ヨウコはバーで一人飲んでいると、そこへ院長がやってきた。
ヨウコは千吉ビルを調べていた。
築40年5階建てビルの廃墟。自殺の名所にもなっている。
このビルから病院まで歩けば3分なのに救急車で15分もかかった。問題だと。
工事中と一方通行で迂回が必要なため遠回りになってしまうと院長は言う。
それでは間に合わない命もあるとヨウコ。

啓三は、ヨウコに病院を継がせる気じゃないだろうなと、はずきに問う。
はずきは、まさかと言いスマホを見せる。結婚相談所から、長野県松本市在住で49歳外科医の男性が仮交際から真剣交際に移行したいとの連絡があったと。
抱かれる覚悟で松本に向かうと息巻く。

ドラッグストアのレジで支払い中、万引きする少女を見てしまったヨウコ。
支払いを済ませて追いかけると…万引きした少女は他の3人の少女と合流した。その中にまゆの姿がある。
舞に電話をかけようとするもスマホはバッテリー切れ。
ヨウコは目の前にあるホストクラブ『イケメン牧場』に駆け込んで充電しながら舞に電話する。
舞の話だと、まゆは3日前から自宅に戻っておらずSNSでパパ活の相手を探す投稿をしていると。
この前車の後部座座席に乗っていたのは母親の交際相手らしく、まゆが性的虐待をうけている可能性があると舞は言う。
だとしたら家出してるほうが安全かもしれない。

イケメン牧場ではホストにに職業を訊かれ医者だと答えるヨウコ。
ホストはシャンパンをお願いする。空気が最悪なんだと。
ダイスケ・ダルメシアン3世のバースデイにエースの姫がドタキャンしたとのこと。
医者の客がいると聞きつけたダイスケ・ダルメシアン3世はヨウコの隣に座り、半ば強引にシャンパンを入れることに。

病院事務所では岡本が舞の画像を田島と横山に見せる。驚く2人。舞ちゃんが…ボンテージ
横山は、このことを亨は知っているのかと岡本に訊く。
岡本は、言うのは簡単だが、あえて泳がせていると。
悪ノリした田島は舞のお店のwebサイトの通話ボタンをタップする。
岡本は仕方なくスマホを耳にあて、お店の人と話す。舞の予約は3年後まで埋まっているとのこと。

シャンパンタワーにノリノリでシャンパンを注ぐヨウコ。
ホストのコールが鳴り響く中、歩いてくる人の影。エースの姫だ。
ダイスケ・ダルメシアン3世は姫に「来れたんだ?」と。
姫は「来れたんだ?…じゃねぇ」とダイスケ・ダルメシアン3世を引っ叩いて店を後にする。

舞はトー横キッズの少女に舞がいた場所に案内してもらう。千吉ビルだ。
屋上に行くと、ダイスケ・ダルメシアン3世とさっきの姫が揉めている。修羅場である。
それを見ている舞に気づいた姫は、何見てるんだ、バカみたいだと思ってるんでしょと。
達成したい明確な目標にはお金がかかる、そのために自分のスペックを最大限活用して、全然バカじゃないと舞は言う。筋通ってるし感情むき出しで、良いと思うと。そして名刺を渡す。
するとダイスケ・ダルメシアン3世が自己紹介をして舞に名刺を渡そうとした。
「営業してんじゃねぇよ」姫はキレて、もうウンザリだと飛び降りようとする。
その時にヨウコが現れ、この高さから死ぬ確率は30%で、落ち方毎の手術方法とその痛みを説明し、でも死なないと言う。
姫は死ねないのかと訊く。
ここに自分がいるから死ねないという。舞が「外科医なんです、この人」とフォロー。
姫は死ぬのを止めたが、姫が投げつけたお金を拾っていたダイスケ・ダルメシアン3世が足を滑らせビルの屋上から落下した。
千吉ビルから病院までは救急車だと時間がかかる。
そこでリアカーにダイスケ・ダルメシアン3世を乗せて病院へ走るヨウコ。
病院に到着するもダイスケ・ダルメシアン3世は大怪我でショック状態。
応急処置を進め、白木は近くの救命救急センターに電話するも2件の大学病院に受け入れを断られる。
ヨウコは処置するもこのままだと足を切断することに。
そこに院長が登場し難しいバイパス手術をすることに。
さらに病院に電話が。オーバードーズで緊急要請があり、断ろうとするも患者がまごころ病院を指定。
もしかしたらまゆかもしれないと受け入れることに。
そしてまゆが搬送された。
白木から、近くの北新宿救命救急センターが受け入れ可能だと報告が。
ダイスケ・ダルメシアン3世の手術を終え、まゆを運んできた救急車にダイスケを乗せ北新宿救命救急センターへ。

家で少女のまゆは、しばらくまごころ病院で預かることに。
まゆはNPO法人「Not Alone」でボランティアをしている。

2話終了

『新宿野戦病院』2話の感想[ネタバレあり]

2話まで見て思ったことは、詰め込みすぎ。なんか色々詰め込み過ぎ感が半端ないです。
面白いんですけどね。見てて何か疲れるんですよ。

現代社会の風刺はめっちゃきいてるんですけど、何が言いたいのかよくわからないドラマですね。
クドカンってテーマがあって、その中でコメディと風刺があって人間ドラマがあって、それがまとまって面白いはずなんんですけど、新宿野戦病院って、歌舞伎町にある病院の単なるドタバタ劇じゃないですか。
新宿歌舞伎町というか、日本社会が抱える問題…の一部だけを風刺していて、痛烈なわけでもなくて、エッセンスとして取り入れているだけですし。

ぶっちゃけてしまうと、『内容がない』んですよ。このドラマ。
マジでドタバタ劇が面白いだけ…。

仲野太賀さんや平岩紙さんの振り切った演技が面白いだけで、内容が薄過ぎます。
響くものが一切ないんですよ。

コメディとして面白いから見続けるっていう人は多いと思うんですけど、ドラマに内容を求めてる人なんかは早々に離脱するんじゃないでしょうか。 

2話の内容で感想を書こうにも、『コメディ要素が面白かった』くらいしか書くことがなくないですか?
シーン毎に切り取って『あのセリフが面白かったです』とか、感想ですらないじゃないですか。

このドラマから何を得られるのかと、何を伝えられるのかと。

オーバードーズの女の子は家出少女で母親の彼氏に性的虐待を受けてて…
ホストのために体売って稼いでる女がいて…

病院の話だからホストをビルから落として怪我させて治療して、オーバードーズは安静にして、病院で預かって。

ありきたりなストーリーを無理やり医療に結びつけて、コメディ要素で強引に笑いをとっていく。

これなんですか?

この先、物語として面白くなっていくんですか?

単にコメディやりたいならど真ん中コメディでいいのに、いらない設定が多過ぎて辟易します。

まだ2話ですが、ヤバいと思います。このドラマ。

  

まとめ

1話見たときはなかなか面白いと思ったんですが、2話でも内容がないので絶望しました。

クドカンって人間ドラマも大事にする人だと思ってましたが、残念です。薄味すぎてもはや味しないです。

「救急医療エンターテインメント」とか訳わからないこと言ってないで「単なるコメディです」でいいのでは?

コメディとしては面白いです。コメディとしてだけ。ストーリーや人間ドラマという点ではマジで面白くないです。

来週も見るか微妙です。

『新宿野戦病院』2話ネタバレ感想|単なるコメディとしては面白いけど…
『新宿野戦病院』1話ネタバレ感想|1話から飛ばし過ぎ!風刺と笑いのクドカンワールド