スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『新宿野戦病院』1話ネタバレ感想|1話から飛ばし過ぎ!風刺と笑いのクドカンワールド

ドラマ
引用:フジテレビ|新宿野戦病院|https://www.fujitv.co.jp/shinjuku-yasen/

2024年7月3日から放送がスタートしたフジテレビ系テレビドラマ『新宿野戦病院』。
内容は「救急医療エンターテインメント」となっており、クドカンこと宮藤官九郎さんが脚本を担当すると今季話題のドラマです。
第1話を視聴したので、感想を書いていこうと思います。

内容にはネタバレを含みますので話の詳細を知りたくない人は注意してください。

スポンサーリンク

公式あらすじ

 『新宿野戦病院』宮藤官九郎脚本!小池栄子×仲野太賀W主演!7月3日水曜よる10時スタート!本編映像初解禁!

ここは新宿歌舞伎町。NPO法人「Not Alone」の新宿エリア代表・南舞(橋本愛)が海外向けに歌舞伎町の魅力をアピールする動画を撮影していると、泥酔している女性と遭遇する。

歌舞伎町の路地にひっそりと建つ『聖まごころ病院』には、美容皮膚科医・高峰享(仲野太賀)をはじめ、個性豊かな医師たちが働いている。
そこへ外科医不在の中、他病院での受け入れ拒否により、額から流血しているホストのマモルがやってくる。さらに急性アルコール中毒で、先ほどの泥酔女性 ヨウコ・ニシ・フリーマン(小池栄子)と付き添いの南も同じくして病院に搬送されてきた。

マモルは無事処置が終わり、ヨウコは翌朝診療費を払わず帰っていたが、後日再度病院に訪れる。彼女は海外医師免許があり、元アメリカ軍医として働いていたという。しかし、日本での医師免許がないため医療行為をすることができなかった。

そんな中、南から病院に電話が入る。
銃で撃たれ出血している男性・ムハマドを処置してほしいと懇願するが、享は外科がいないので対応できないと拒否。しかし難民申請が通っていないムハマドは他の病院行くとそのまま強制送還されてしまう旨を南が伝える。そのムハマド達の様子を見ていたヨウコは彼を抱え、聖まごころ病院へ連れていく。動揺している病院の医師たちを横目に、ヨウコは処置を進める。
果たしてヨウコは、ムハマドを無事救うことができるのか…!?

フジテレビ『新宿野戦病院』公式WEBサイト

『新宿野戦病院』1話の流れ『ネタバレあり』

新宿歌舞伎町の紹介動画を撮影しているNPO法人『Not Alone』の南 舞。短時間の間に様々なトラブルに遭遇する。

くせ者揃いの聖まごころ病院に頭部に怪我をした男性と急性アルコール中毒の女性が同時に運び込まれた。なぜか地域課の警察官、岡本勇太もいる。
嫌々診察をする院長の甥、美容皮膚科の高峰亨は流血にビビる。
内科・小児科の横山と泌尿器科・性病科の田島もいるが適切な処置がわからない。
そこに院長の元外科医、高峰啓介が車椅子を押されて登場。「今日はまだ飲んでいなかった」と。
傷を見て医療用ホチキスで傷口を塞ぐも麻酔なしでの処置に患者は叫ぶ。
一方急アルで運び込まれたのはヨウコ・ニシ・フリーマン。看護師が対応するも深刻な状況ではない。
怪我人は処置が完了し、病院を後に。
ヨウコの所持品にはアメリカの軍人と医師免許取得者を証明する書類が。

日が明け、院長の弟で不動産コンサルの高峰啓三が病院を訪れ、病院を売却しようと提案する。
このまま病院を運営していると2年後には3,000万の赤字になるという。

ヨウコが目を覚まし、医師たちに性加害を受けたから警察を呼べと言う。
そこに地域課の岡本がやってきて、ヨウコに「覚えてないの?」と。
5時間前に撮影されたヨウコが暴れ回る動画が披露され、悪態をつきながら帰っていく。

啓三は今月中に外科医が見つからなかったらまごころ病院を売却すると言い帰っていく。
アル中の院長は震える手で酒を飲む。

岡本の顔見知りの高齢者、加地は駐輪場の監視員。違法駐輪の外国人を見つけ注意するも言うことを聞いてくれない。
直後、強盗が駐輪場の精算機を破壊していおり、止めようと近づいたところ殴られて気を失った。
警察は違法駐輪の外国人もグルだったのではないかと言う。
そして加地は高齢ということもあり駐輪場の監視員を解雇された。

病院では医師たちが婦長である堀井の性別で揉めている。男なのか女なのか。答えは出ない。

改めてまごころ病院に来訪したヨウコがアメリカの軍医で外科医だったことがわかる。
しかしアメリカの医師免許があっても日本の医師免許がなければ医療行為はできない。

加地が急アルでまごころ病院に救急搬送される。
同時に南が、腹部に銃弾を受けた外国人を車で運び込む。居合わせたヨウコと共に。
この外国人はオーバーステイでまともな病院には運べないという。

銃弾を受けた外国人へ適切な処置ができない医師たち。ヨウコが主導し緊急オペ。
同時に急アルで安静にしていた加地が頭を打っている可能性からCTスキャンを指示。

CTの結果、加地は急性硬膜下血腫。誰も処置できない。
外国人の処置を終えたヨウコが緊急穿頭オペを行うことに。似たようなオペをコードブルーで見たことがあると。
加地の服の下から現れた刺青に緊張が走る。

警察が病院に。
加地は反社、野口一家の元構成員だった。今は駐輪場の監視員をしていたが解雇され、生活保護を勧められていた。
自尊心を傷つけられ酒をあおっていたとき、先日見た違法駐輪の外国人を発見。駐輪場強盗のグルだと思い込んでいた加地は、忍ばせていた銃で外国人に発砲。これが今回の経緯だ。

オペ室では被害者と加害者を同時に手術してる状況である。

ヨウコは紛争地域の戦場で負傷したアリという男の治療をしたが、アリはもう助かりそうもない。アリには日本の歌舞伎町に兄と姪がおり、姪に渡してくれと小さな箱を託された。その約束を果たすためにヨウコは日本に来たという。
腹部を撃たれた外国人がその兄のムハンマドだと、ヨウコは箱を手渡すも、その外国人は兄ではなかった。
弟はいない。ムハンマドはよくある名だと。

その後ムハンマドは入国管理局に連行されるという。そして強制送還へ。
加地は回復を待って逮捕されることに。
駐輪場強盗ははSNSで集められた闇バイト、3人の若者が逮捕された。

院長はまごころ病院でヨウコを雇うことに、無免許だが。
これで病院は売却から免れる。
住む家がなくネカフェで生活していたヨウコは、まごころ病院の2階に住み込むことに。

夜の歌舞伎町では着飾った南らしき女がラブホテルから出てくる。
それを岡本が目撃。

1話終了

『新宿野戦病院』1話の感想[ネタバレあり]

クドカン節の効いた風刺と皮肉とコメディがテンポよく展開されて、初っ端から見ていて飽きないドラマとなっていますね。
あらすじや個人の感想を読んだところでこの作品の面白さは伝えきれないだろうなと思いながら書いている次第です。
もうね、「見てくれ」としか言いようがないですが、一応感想を。

ドラマでは新宿歌舞伎町が抱える問題を所々マイルドに風刺しているのですが、本当に表現がマイルドなので危機感も嫌悪感も抱きません。
こういう絶妙な伝え方はクドカン上手いですよね。
ヨウコのバックグラウンドやパーソナリティの設定も中々ぶっ飛んでて、しかも無免許でまごころ病院に雇用されます。
んなことあるかい!というような、どフィクションかつあり得ないんですけど、なぜか引き込まれる不思議なドラマ。
出てくるキャラクター全員が強烈で個性的で魅力的。濃い味の大盛りなので絶対に胃もたれしそうなんですが、なぜか爽快感があるんです。
私はまごころ病院内で繰り広げられる不毛な会話が面白くて好きです。
パパ活の話を熱く語ったり、婦長の堀井しのぶの性別についてだとか。とにかくめちゃくちゃな人たちなんですよね。
クドカン作品ということで、今後もドタバタ劇ありのハートフル展開ありの、笑いありと、まさに野戦病院の如く場を引っ掻き回して視聴者を楽しませてくれることは間違いないでしょう。
本当に注目すべきドラマです。

 

まとめ

コメディ要素が多いクドカン作品ですが、その実内容がしっかり伴っているから人気があるんですよね。

クドカン脚本というだけで名作が約束されているようなものなので、このドラマを見ないという選択肢はないです。

1話から怒涛の展開で視聴者の目を釘付けにしてくれたわけですが、この先も最高に楽しませてくれることでしょう。

これぞエンターテインメントといったところでしょうか。

来週の放送が楽しみです。

『新宿野戦病院』2話ネタバレ感想|単なるコメディとしては面白いけど…
『新宿野戦病院』1話ネタバレ感想|1話から飛ばし過ぎ!風刺と笑いのクドカンワールド