スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『さっちゃん。僕は』4話ネタバレ感想。紫乃の部屋に設置されたカメラが気になって

ドラマ
引用|TBS|さっちゃん、僕は。公式|https://www.tbs.co.jp/sacchan_bokuha_tbs/

TBSにて毎週火曜よる11時56分放送の『さっちゃん、僕は。』

2024年7月2日に4話が放送されたので、あらすじと感想を書いていきたいと思います。
内容にはネタバレを含みますので話の詳細を知りたくない人は注意してください。

『さっちゃん、僕は。』はジャンプコミックスの大人気漫画が原作のドラマとなっています。
よかったらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

4話:土砂降りの説教[公式より]

『さっちゃん、僕は。』第4話 「土砂降りの説教」 彼女だけ大切にしてよ!7/2(火)よる11:56【TBS】

京介の首元に付いたキスマーク…
紫乃と美鈴…京介にまさかの展開が待ち受ける!

「気が向いたら手紙の返事が欲しい」と言いながら駅へと向かう早智(中山ひなの)を、京介(木村慧人)は複雑な気持ちで見送っていた。

授業のグループ課題で京介は須川美鈴(樋口日奈)とペアを組むことになったが、美鈴は京介の首元にキスマークが付いていることに気付き…。

地元に戻った早智は、京介とセックスをしなかったことを友達に話すが、他で発散しているのではと不穏なことを言われてしまう。京介を信じている早智は、それを頑なに否定するのだった。

そんな中、京介は風邪を引いてしまい学校を欠席する。京介の様子を見にきていた紫乃(石川恋)と鉢合わせた美鈴は、思わず駆け出して行き…。

TBS「さっちゃん、僕は。」公式:https://www.tbs.co.jp/sacchan_bokuha_tbs/story/story04.html

『さっちゃん、僕は。』4話の流れ(ネタバレあり)

行為が終わって服を着て立ち上がる京介。
紫乃の部屋には隠しカメラが。
京介は自分の部屋に戻り、眠っている早智の布団を掛け直して床で寝る。
朝になり早智を駅まで見送り京介は大学へ。咳が出る。京介は風邪気味だ。
朝日は美鈴に付きまとっている。
京介・文也・パク・朝日・美鈴は自然とグループとなっている。
講義の課題の資料を手分けして調べることに。
美鈴は京介の首元にキスマークがあることに気づく。
講義が終わりキャンパス内のベンチに座っている京介。
朝日にキスマークを指摘され京介はキスマークを絆創膏で隠した。
そして朝日は京介に礼を言う。「この前は止めてもらって良かった」
自分で思っているより美鈴を気に入っていると。
朝日は紫乃と不倫していることを秘密にしてやると言い、紫乃と買い物中に盗撮した動画を削除する。

早智は大学で彩花に2日間のことを訊かれ報告し、コンドームを返す。
すると彩花にセックスしてないのかと驚かれてしまう。
焦らなくていいよと京介に言われたことを説明するも、もうそんな時期じゃないでしょと声を荒げる彩花。
他で発散してるのでは?浮気しててもしてないって言うだろうと早智を諭す。
それでも京介を信じてると早智は言う。

紫乃は洗濯物を干していると咳をしながらアパートに帰ってくる京介を見かける。

次の日、京介は風邪で大学を休み、紫乃が看病する。
冷蔵庫や鍋には早智が作り置きされた料理が。
紫乃は早智のことを京介のことが大好きでいい彼女だという。
早智をちゃんと好きになれるといいねと。
この後出かけなければならないという紫乃が京介の部屋を出ようと玄関のドアを開けると、美鈴がいた。
京介が「なんで」というと状況が飲み込めない美鈴は持っていた買い物袋を落として走り去って行く。
紫乃は買い物袋を拾って「お見舞いに来てくれたんじゃない?あの子」と。
京介は急いで靴を履いて美鈴を追いかける。

大粒の雨が降ってきた。
追いついた京介は階段を上る美鈴を呼び止める。
美鈴は泣きながら首のキスマークはあの人と浮気してるんでしょと問い詰める。
長く付き合ってる彼女がいるのになにしてるんだ、バカと。
京介はなんで美鈴が泣くのかと静かに言う。
彼女が大事なら浮気なんかするなと言う美鈴に「浮気…浮気だよね…」と確かめるように言う。
自分は彼女にすごく悪いことをしてるよねと。
美鈴は泣きながら彼女だけを大切にして、じゃないと私…
そして京介は、ちゃんとすると宣言する。次の瞬間、京介は気を失い階段から転落し流血する。

モノローグ「さっちゃん、僕は君とお別れしようと思う」

 

『さっちゃん、僕は。』4話ネタバレ感想

それでは思ったままつらつらとネタバレありで感想を書いて行きたいと思います。

紫乃の部屋に設置されたカメラって…

最初に一番気になるところから書かせてください。
紫乃の部屋の隠しカメラ!!
あれはやっぱり紫乃の旦那ですよね。
1話で紫乃と京介のアレの音声を聴いてたときって盗聴器だったじゃないですか。電源タップ式の。
防犯カメラだか見守りカメラだかわかりませんが、動画撮影にステップアップしてるの怖いんですけど。
最初からカメラ仕込んであったら1話で盗聴なんかしないで映像見れば一発じゃないですか。
てことは後から追加でカメラ取り付けたってことですよね。
で、この別宅ってほぼ紫乃がいるじゃないですか。旦那がカメラ取り付けたとしたら、いつ付けたんでしょうね。
紫乃が結構外出するなら可能なのかもしれませんが。
仮に、仮にですよ。
カメラを設置したのが旦那じゃなかった場合、誰が何のために設置したんだろうって、ありもしない可能性を考えて時間を無駄にしてしまう自分を呪っております。
旦那だとは思うんですけど、紫乃を監視するためなのか、NTR趣味なのか。
私はそのどちらかだと思ってます。
いずれにせよ1話で膝を抱えて盗聴器の音声を聴いていた旦那の姿を思い出すとゾッとします。

 

朝日は友人なのか

3話で朝日が企画した食事会というか飲み会をやったわけですが、その時から『朝日ってそんなに仲良かったっけ』とは思ってました。
いつの間にか講義中の席の座り方的に、京介・文也・パク・朝日・美鈴の5人ってグループになってますよね。
どのタイミングでそうなったのか疑問です。
京介・文也・パクは最初から仲良し3人組でしたが、美鈴は喋るでもなく京介の近くにいつも座っていて、美鈴を狙ってる朝日が美鈴の近くに座る。まではわかるんですが、課題の調べ物を5人で手分けするってグループ出来上がってますやん。
3話の飲み会も唐突でしたが、その飲み会で距離が縮まったと理解すればいいんですかね。
酔い潰れた京介をアパートまで連れてったのも朝日ですし。
朝日は嫌いでしたが、これから意外といい奴になって仲良くなるんでしょうか。
そこのところも注目です。
 

雨の中、京介と美鈴のやりとりについて

そして京介と美鈴のシーンについてなんですが。
美鈴が泣きながら京介を説教したこと、現在進行形で揺れている美鈴の気持ちを知っている私たちは理解できるんですが、京介からしたらどんな気持ちなんでしょうね。
なんで泣くのか聞くってことは美鈴の気持ちはわかってないんでしょう。
告られて振ったのは遠い過去ということですか。
そして京介の「浮気…だよね…」って確かめるように言っていたセリフ、悪いことしてるって理解していながらも自分自身どこか誤魔化してたんだなって。気づかないフリをしてたのかなって。朝日にクズとまで言われてわかってたはずなんですけど…。
ずるいですよね。
でも「ちゃんとするから」って。京介も心のどこかで今のままではマズいってのはわかっていたんでしょう。
最後のモノローグで早智と別れる決心をした京介ですけど、『ちゃんとする』って早智と別れるんかいっ。
普通に考えたら紫乃との関係を清算して早智を大事にって流れなのかと思うじゃないですか。
しかも紫乃とは不倫だし。どうなんでしょう。
京介なりのケジメなのかな?
紫乃との関係も切るし、早智とも別れる。ならまだ理解できます。
早智と別れて紫乃一本で行くなら、それは違うでしょと…。
俄然続きが楽しみになってきました。気になって仕方がないです。

 

まとめ

今回は正直もっと修羅場になるのかと期待してましたが、案外おとなしい展開でしたね。

次週予告で「僕はずっと、さっちゃんを好きになりたかったんだ」って京介のセリフだかモノローグだかがありました。

京介って「好き」とか「愛」みたいなものが欠落してるんじゃないでしょうか。
そして、そんな感情に憧れている…みたいな。
さっちゃんとなら「好き」や「愛」を知れるかもしれないって盲目的に信じて付き合ってのかなって。

1話冒頭で水に沈んだ京介が「おかあさん」って叫んでるシーンってやはり意味があるんですよね。
親に愛されなかったトラウマみたいなものがあって、そういうのが影響して京介は人を愛せないと推理します。

今回はここまで。

『さっちゃん。僕は』5話ネタバレ感想|愛が欠落した京介は早智に別れを告げる
『さっちゃん。僕は』4話ネタバレ感想。紫乃の部屋に設置されたカメラが気になって
『さっちゃん。僕は』3話ネタバレ感想。早智は大事だけど紫乃のことだって…
『さっちゃん。僕は』2話ネタバレ感想。既にドロドロの空気感に引き込まれる
『さっちゃん、僕は。』樋口日奈さんに注目!【須川美鈴役】
ドラマ『さっちゃん、僕は。』1話で平野莉玖さんが被っていた帽子がこれ
『さっちゃん、僕は。』京介の大学の友人、文也役の平野莉玖さんがイケメンすぎる!
『さっちゃん、僕は。』京介の大学の友人、黒磯朝日役『のりせん』さんに注目!
ドラマ『さっちゃん、僕は。』1話感想ネタバレあり|紫乃の旦那怖っ