スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『降り積もれ孤独な死よ』1話ネタバレ感想|灰川邸事件はどう関係しているのか

ドラマ
引用:日テレ|降り積もれ孤独な死よ公式|https://www.ytv.co.jp/furitsumore/

2024年7月7日からスタートした日テレ系テレビドラマ『降り積もれ孤独な死よ』。
1話を視聴したのでドラマの流れと感想を書いていきたいと思います。

ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』はhuluで過去放送話が見放題で配信されています!

原作コミック『降り積もれ孤独な死よ』が気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

『降り積もれ孤独な死よ』1話あらすじ 公式

2017年。とある屋敷の地下室で、白骨化した遺体13体が発見された。
遺体は子どものものと見られ、壁には特徴的な六角形の謎のマークが描かれていた。刑事の冴木仁(成田凌)たちは、遺体の身元確認と、屋敷の持ち主である灰川十三(小日向文世)の行方を追うことに。
そんな中、灰川を“父”と呼ぶ蓮水花音(吉川愛)が現れる。灰川とは、血のつながりも戸籍上のつながりもない花音だが、育児放棄を受けていた自分を救ってくれ、6年前まで“本当の家族”のように一緒に暮らしていたという。さらに、屋敷で暮らしていた子供は全部で19人いたと明かす。
花音の話を聞き、警部補の五味(黒木メイサ)や、巡査の鈴木(佐藤大樹)は、13体の遺体は、19人の子どもたちの誰かである可能性が高い、と考えていた。ところが、花音は「父は犯人ではありませんよ」と訴えて――。
時が経ち、2024年。若者たちが集まる繁華街では、1人の少女が行方不明となっていた。少女を捜す記者の森燈子(山下美月)は、刑事でなくなった冴木の元を訪れ、こう告げた。
「本当にあの事件はもう終わったんですか?」

『降り積もれ孤独な死よ』公式webサイト

『降り積もれ孤独な死よ』1話の流れ|ネタバレあり

少年は血だらけで雪の中ナイフを持って歩く。着ている白い服は血で真っ赤に染まっている。

2024年東京
『降り積もれ孤独な死よ 灰の雪だけが知る 君がそこにいたことを』
詩のような一文が黒い背景に白抜き文字で記された画像がSNSで投稿された。

半年ほど交流があった月島美来が行方不明となり、記者の森橙子はマル横で聞き込みをする。

交通整理の仕事をしている冴木仁。
森は、休憩中に缶コーヒーを飲んでいる冴木に話しかける。
マル横に集まるキッズの一人、行方不明になった少女を探していると。
冴木はわからないと立ち去ろうとするも、森は「あの事件に繋がりがあるかもしれない」と引き留める。
7年前の灰川邸の事件に冴木は刑事として関わっていた。

2017年 山梨県
山梨県警富士山北署 刑事第一課
地域課から新たに配属された鈴木潤巡査の教育係となった冴木。
ホワイトボードには『北甲府市連続障害事件発生概要』が。
3年前から同様の犯行が不定期に5件ほど。未だ有力な情報はなし。
刑事第一課の電話が鳴り出動。現場は別荘地の豪邸。窓ガラスが破られており空き巣被害の疑い。豪邸の持ち主とは連絡つかず。
中に入る冴木と鈴木。不気味な屋敷ではあるが争った形跡や異常はない。
鈴木はきになったところがあると、豪邸の裏手にある地下室への入り口に。
冴木が鎖で厳重に施錠された錠前を触ると簡単に開く。
2人で地下室に降りると…重なるように複数の白骨遺体が。その壁には赤で書かれた謎のマークが。

遺体は全部で13体。鑑識からの報告では骨格や身につけていたものから子供ではないかと。
扉の内側にはこじ開けようとした痕跡が無数。
骨には目立った外傷はなく、地下室には水や食料もなかったことから死因が餓死かもしれない。
豪邸の所有者は灰川十三64歳。婚姻歴はなく子供もいないと思われる。
近所との付き合いもなく、ここ5〜6年は姿すら見かけられていない。
一課は子供の身元確認と灰川を見つけることを最優先に動き出した。

テレビではニュースで大々的にこの事件が取り上げられる。
灰川十三の娘を自称する若い女が富士山北署を訪れた。
取調室で話を聞く。名前は蓮水花音。血のつながりもなく戸籍上でも他人であるが、灰川は父親だと。
16年前の幼少期、花音は母子家庭で母親からの虐待さらにはネグレクト。
毎日食べるものもままならない。そんなとき、灰川に出会った。
灰川に万引きを指南され飢えを凌ぐことができ、何かを教わったのも初めての経験だった。
その後屋敷に連れて行かれ、6年前まで家族のように一緒に暮らしていたと言う。
屋敷には同じような境遇の子供たちが他にも5人、最終的には19人まで増えたと。
そして父は犯人ではないと言う。
また6年前、灰川は突然に屋敷での共同生活を終わらせ子供たちは散り散りに。
そのとき屋敷で撮った最後の写真を出す蓮水。
そこに写っていた子供達の中に冴木の腹違いの弟、瀧本蒼佑の姿が。

身内が被害者となった可能性から冴木は捜査から外された。
代わりに例の連続傷害事件の新たな犯行が昨日起こり、そちらを捜査することに。
このやりとりを耳にした蓮水は単独で弟を探そうとしている冴木に半ば強引に同行する。
2人は蒼佑の母が住む団地に向かうも不在。集合ポストに入っていた封筒を元に母の職場へ。
蒼佑の母に会い蒼佑の居場所を聞くも言葉を濁される。
その時、上司の五味から電話があり通話の最中に蒼佑の母は走って逃げてしまったが、蓮水が捕まえる。
冴木が近づくと酷く怯える蒼佑の母。そこに蒼佑が現れる。
話をするも、逃げ出したくせに今さら兄貴ヅラするなと怒鳴られた冴木。
蒼佑は母とともに帰ってしまった。

捜査は進み、遺体で見つかった子供たちは灰川邸で生活をしていた子供だったことが判明。
このことで生き残った6人もわかり、蓮水花音・瀧本蒼佑・東優磨・沖島マヤ・川口悟・神代健流だ。
所在がつかめていない神代以外の5人は口を揃えて灰川は犯人ではないと供述していた。

湖畔に立っている灰川を巡回中の警察官が見つけ、身柄を抑える。

時は2024年に戻り、喫茶店で冴木と森が向かい合う。
冴木はもう刑事でもない自分に何が聞きたいのか、あの事件は終わったことだと言う。
森は行方不明の少女の写真を見せる。手首には不思議なマークが。灰川邸地下に描かれていたあのマークとよく似ている。
森は本当に終わったのかと冴木に問う。

1話終了

『降り積もれ孤独な死よ』1話の感想|ネタバレあり

ヒリヒリするようなサスペンスドラマが始まりましたね。
1話から引き込まれる内容でした。
7年前に起きた灰川邸事件に見られた謎のマークで繋がる少女の失踪事件。
それを追う森記者と当時の事件に関わる元刑事の冴木。
灰川邸事件のさわり部分はわかりましたが、その後の経緯や動機、真犯人などまだ視聴者にとっては謎が多く残っています。
灰川が連行される映像はありましたが、灰川が犯人だったとは表現されていませんし、所在がわからなかった神代の存在も気になります。
私の勝手な予想では、灰川は犯人ではなく別の誰か、もしくはそもそも他殺ではない…。なワケないですよね。
でも『宗教的』なんて言葉もありましたから、あるいは…。
あくまで勝手な予想をして楽しんでいるだけなのであしからず。

内容もさることながら、キャストも注目なんですよ。
まず、灰川十三を演じるのは小日向文世さんていうのは、豪華すぎませんか?
というか、小日向文世さんを無駄遣いしないでいただきたいです。彼の演技力に見合った役なんでしょうか本当に。
逆に小日向文世さんを起用するくらいなので、今後もっとすごい展開で灰川が暗躍するのかと期待しちゃっていいんですよね。じゃなかったら怒ります!

それでですね、蓮水花音の役を吉川愛さんがやってるんですが、蓮水は複雑な幼少期のせいで色々と様子がおかしい子になってしまったんですが、目の動きや挙動がどう見ても少しおかしい人なんですよ。
決して過剰ではない、自然におかしい人を演じきってます。めっちゃナチュラルに。
吉川愛さんてこんな演技もできるんだと感心させられました。

そして灰川邸で一緒に生活をしていた瀧本蒼佑の役を萩原利久さんが演じてるんですが、このコンビといったらアレですよ。愛梨と修なんです。そう、昨年の月9爆死ドラマと名高い『真夏のシンデレラ』。
あの二人がこんな形で共演するの感慨深いものがありますよね。
蓮水と蒼佑が出ていたシーンで私叫びましたから。愛梨ー!修ー!て。

そして、演技には定評のあるイケメン俳優の成田凌さんが主要キャストの時点で、このドラマは面白いことが決定したようなものなんですよ。
サスペンスものということもあり、後半に視聴率伸ばすタイプのドラマだと思われます。

以上

ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』はhuluで過去放送話が見放題で配信されています!

原作コミック『降り積もれ孤独な死よ』が気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

灰川邸って『ミステリと言う勿れ』でも出てきましたよね。ほかの作品でも。ああいったロケーションで雰囲気があって撮影できる建物というのは限られるものですからね。

最初に森が冴木に話しかけた高架もドラマでよく見かけます。

そんな目線でドラマをみても仕方がないのですが、よく見るロケーションって行ってみたくなりますよね。

ドラマの内容とは全く関係のないまとめになりましたが、2話も楽しみにしておきましょう。

では。

『降り積もれ孤独な死よ』で失踪した少女を演じる水野響心さんとは誰なのか、注目です
『降り積もれ孤独な死よ』1話ネタバレ感想|灰川邸事件はどう関係しているのか