スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『あの子の子ども』3話ネタバレ感想|とうとう妊娠を自覚する福。空気が不穏すぎる

ドラマ
引用:カンテレ|あの子の子ども|https://www.ktv.jp/anokonokodomo/

2024年6月25日から放送が開始したカンテレ制作のテレビドラマ『あの子の子ども』。
7月2日に放送された第3話を視聴したので流れと感想を書いていきたいと思います。
内容にはネタバレを含みますので話の詳細を知りたくない人は注意してください。

ドラマ『あの子の子ども』はU-NEXTで全話見逃し配信していますので、最初から見直せます。
U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『あの子の子ども』は別冊フレンドの大人気漫画が原作のドラマとなっています。
よかったらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

3話あらすじ 公式

体の異変に戸惑い、計り知れない不安と恐怖を抱えたまま、宝(細田佳央太)から胸中を打ち明けられた福(桜田ひより)は…

晴美(石田ひかり)の目を避けるように、自宅から遠く離れたファミレスで妊娠検査薬を使った福(桜田ひより)は、その結果にがく然とする。すぐに宝(細田佳央太)に相談しようとスマホを取り出すが、そこには前日、県大会突破を決めた宝を祝福する歓喜の言葉が並んでいて、一転、奈落の底へ突き落とすような現実に、福は今すぐ本当のことを宝に伝えるべきか迷う。しかしそこへ、宝から『話したいことがある』とメッセージが届いて…。

夕方、部活帰りの宝を公園で待っていた福は、まだ自分の身に起きたことを信じられずにいた。もしも時間を戻せたら——。福は激しい自己嫌悪に陥ってしまう。
やって来た宝は、関東大会進出を決めて夢に一歩近づいたにも関わらず、心底喜んでいるようには見えない。やがて言葉をしぼり出すように「しばらく、やめたい……」と切り出す。実は、避妊に失敗したあの日以来、もしも福が妊娠していたら、そのとき傷つくのは圧倒的に福であり、その痛みは決して2人で半分にすることはできないのだと気づき、おびえていた宝。だからこそ、福を思う気持ちは変わらなくても、性行為は責任のとれる大人になるまで控えたいという。それを聞いた福は、宝が自分と同じ苦しみを抱えてくれたことにうれしさがこみ上げるが、一方で、抱えていた不安が溢れて…。

カンテレ『あの子の子ども』公式

3話の流れ(ネタバレあり)

宝はマラソンの地区予選に参加するため予選会場にいる。
福のことが気がかりで友人に話しかけられても上の空。
宝は福に電話する。
時間軸は福が当たりカード入りのお菓子を5つを開封しているとき。
電話ではじめ(猫)の話をしたときの宝側の視点だ。
マラソンの地区予選が始まった。

福は自宅、スマホでアフターピルのことを調べている。
次に調べるのは「未成年 オンライン診療」。
書かれた「保護者の同席が必要」「保護者のアカウントが必要」という言葉で諦める。
病院に行けなかったことを宝に伝えようとスマホで文字を打つ。
途中「1500、予選通った」という宝からのメッセージが。
その吉報に喜ぶも伝えるはずのメッセージは送れなかった。

福の様子から何かあったと勘付くも、自分からは何も訊かない母。
当時の様子を振り返る。

福は予定通り名古屋の祖母に会いに行く準備をする。
5つ買ったカード入りのお菓子の未開封だった1つを「なかったことにするモノ入れ」にしまおうと箱を開ける。
中には花火大会に行くと嘘をついた日に母が持たせてくれた2千円が入っている。
その中にカード入りのお菓子を入れた。

朝家を出ると宝が待っていた。
いつも通り一緒に途中まで登校する。
「5000mおめでとう」と祝福して名古屋のお土産を渡す。
まるで何もなかったかような日常に戻っていく。
お互いがお互いの笑顔に安心し、それぞれの高校へと向かっていく。
でも頭の中には不安がこびりついていた。

それから9日後…
生理がきたと思い安心した福は学校のトイレで涙を流す。
そして生理がきたと宝にメッセージで報告した。
それを見て宝も安心してしゃがみこむ。

放課後、待ち合わせをして一緒に帰る二人。
はじめ(猫)に会いに行く。
もう大丈夫。なかったことになったと安堵した。
この時は

第2話終了

 

3話:感想(ネタバレあり)

3話は生理が来たと思い安心してから、やはり妊娠していたことを知るまでの話でした。
不安な日々からようやく普段通りの日常を取り戻し、穏やかに暮らしていましたが、妊娠初期症状と擁護教員の言葉で妊娠を疑い、妊娠検査薬で妊娠を知ります。
残酷ですね。一度は安堵して心の平穏を取り戻したのに、現実は高校生での妊娠という結果に。
無知がゆえ着床出血を知らずに安心してしまったわけですが、その存在を知っていたところで既に妊娠していたので事態は変わらないという。
なんとしてでもアフターピルを飲んでおくしかなかったんですよね。
後から言っても仕方のないことなんですが、それに尽きると思います。
高校生が行為をするのが悪いとは思いませんが、やはり避妊の大切さや、避妊に失敗したときはきちんと対処しなければ悲劇が起こり得るということです。
妊娠は本来素晴らしいことですが、望まれない状況での妊娠は時に人を不幸にします。
中絶ということになれば『命』の重みを抱えて生きていくことになりますし。
産んでも子供を育てる環境が整っていなければ大変な苦労を要します。
いずれにしろ持つ必要のない後悔や後ろめたさや苦悩がつきまとうことになります。

実際問題、高校生で妊娠するってどのくらいの頻度で起こっているんですかね。
よくある話といえばそうなんですが、自分のまわりではそういったことが起こらなかったので…。
もしも自分が高校生で、同じように妊娠してしまったら…と想像すると。
とてもじゃないけど親にも言えないし、将来や相手のことを考えて中絶することを選択するかもしれません。
でも、妊娠してお腹に子供を宿したとき、どんな感情を抱くのかわかりません。
望まれない状況でも絶対に産むと決意するかもしれません。
ただ、若すぎる妊娠でその決断を迫られるのは酷く残酷な話だなと。

今後、福はどのような決断をし、まわりはどんな反応をし、どのような展開になるのか見守っていきたいと思います。

何度もいいますが、インタビュー形式の回想でストーリーが進むのは悪い予感しかしなくて怖すぎます。
不穏すぎてハッピーエンドが見えないです。

以上

ドラマ『あの子の子ども』はU-NEXTで全話見逃し配信していますので、最初から見直せます。
U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『あの子の子ども』は別冊フレンドの大人気漫画が原作のドラマとなっています。
よかったらチェックしてみてください。

まとめ

次回予告が軽く修羅場ってましたね。今から気が重いです。

妊娠してしまった福が一番苦しいのは確かでしょうが、両親や宝も相当な苦悩が予想できます。

福と宝の絆がどうなってしまうのか。この先、見たいような見たくないような。見ますけど。

それでは来週の放送を待つとしますか。

『あの子の子ども』3話ネタバレ感想|とうとう妊娠を自覚する福。空気が不穏すぎる
『あの子の子ども』2話ネタバレ感想|あの日の事は「なかったこと」にはならない
茅島みずきさんが大人っぽいのに可愛いすぎ|あの子の子ども/矢沢望 役
『あの子の子ども』1話ネタバレ感想。雰囲気サイコーの純愛ものかと思いきや、いきなりハード