スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

『あの子の子ども』1話ネタバレ感想。雰囲気サイコーの純愛ものかと思いきや、いきなりハード

ドラマ
引用:カンテレ|あの子の子ども|https://www.ktv.jp/anokonokodomo/

2024年6月25日から放送が開始したカンテレ制作のテレビドラマ『あの子の子ども』。
第1話を視聴したので流れと感想を書いていきたいと思います。
内容にはネタバレを含みますので話の詳細を知りたくない人は注意してください。

ドラマ『あの子の子ども』はU-NEXTで全話見逃し配信していますので、最初から見直せます。
U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

『あの子の子ども』は別冊フレンドの大人気漫画が原作のドラマとなっています。
よかったらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

1 高校生の妊娠をめぐる物語

こみ上げる愛しさを胸に、初めて体を重ねる高校生の川上福(桜田ひより)と月島宝(細田佳央太)。
やがて、愛し合う2人の身に予期せぬ出来事が起きて…

川上福(桜田ひより)はごく平凡な高校生。クライスメイトで親友の矢沢望(茅島みずき)や、矢沢に想いを寄せる飯田智宏(河野純喜)と楽しい学校生活を送りながら、別の高校に通う月島宝(細田佳央太)と中学の頃から付き合っている。これまで数々の陸上大会で優秀な成績を収めてきた宝は、女手一つで育ててくれた母・直実(美村里江)を大事にする、真面目で心優しい青年。福のことも心から大切に思っていて、福の母・晴美(石田ひかり)から「宝くんなら安心」と言われるほど信頼されている。

高校1年生の夏休みを翌日に控えたある日、福は、宝と地元の花火大会に行くため帰りが遅くなると母に告げる。宝くんとなら…と安心している晴美は、彼氏とデートに行く娘に笑顔で2人分のお小遣いを手渡すが、放課後、そんな母に対する後ろめたさを感じながら福が宝と向かったのは、介護士の直実が夜勤で不在にしている宝の家。福と宝は以前から、この日に初めての性行為をしようと決めていたのだ。

その日以来、避妊しながら幾度となく体を重ねてきた2人だったが、高校2年生の春、宝が事後に避妊具が破れていることに気づいて…。

カンテレ『あの子の子ども』公式

1話の流れ(ネタバレあり)

月島宝と川上福は学校の帰り道、手を繋いで歩いている。
今朝、福は宝と母親に花火大会に行くから遅くなると伝えていた。
母はお小遣いを持たせてくれた。嘘をついている自分を後ろめたく感じる。
花火大会に行く浴衣の人々とすれ違う。
浴衣の人々を見つめる福を見て宝は花火大会に行きたいかと訊ねる。
「いいよ、俺は今日じゃなくても」
福「今日がいい」。

そして二人は服の宝の家に。
宝の母は夜勤でいない。
宝はシャワー使うかと福に訊く。
福は少し緊張した面持ちでシャワーを浴びながら「宝なら」と自分の気持ちを確かめる。
宝のベッドに横になり、宝を待つ。
ふと枕の下にあるコンドームの箱を見つけ、それを手にとって不思議そうに見る。
箱に記載されている『3個入り』の文字、中身は2つ…。
そこへ宝がやってきて福の手からそれを奪い取ってベッドに腰かける。
福は微笑みながら「1個」と。
すかさず宝は「ちがうから…浮気とか、そういうのじゃ」
被せるように福は言う「わかってるよ」と宝を抱き寄せる。
宝に耳元で「練習してくれたんでしょ」と笑う。
そして二人はキスをする。何度も。
初めてのキスは中3のときだった。
うまくいかずに笑い合った記憶が蘇る。
全ての初めては宝がいいと。
そして初々しい甘酸っぱい初めてのセックスを終えると…。
宝「あ…」

服を着てスマホのブラウザで検索する文字は「ゴム 破れた」。
「アフターピル…日本で承認されているのは72時間以内で、でも早い方がいいって」
3日以内…
宝は明日の朝産婦人科に一緒に行こうと言うも、明日と明後日はマラソンの地区予選がある。
明々後日からは東央大の合宿に参加する予定が。
心配そうな福に「大丈夫」だと、こっちのほうが大事だと。
福はスマホを見ながら排卵日にゴムが破れて妊娠する確率は18%だと読み上げ、自分はクジ運悪いし大丈夫だと強がる。
そんな福を見て「何が心配?」と宝は優しく福に訊く。
福は親に連絡が入ること、学校のことが不安だと言う。
それで宝と会えなくなったりしたら嫌だと。
宝は、会うよ。大丈夫だよ。絶対。と福を安心させようとするも、最後に出てきた言葉は「ごめん」。
福は泣きそうな声で謝らないでと言う。二人でやったことなんだからと。
そして無理に作り笑いをし、「わかった。行く」だから宝は地区予選も合宿も行ってと。
大丈夫だよと、キスをする。

翌日、福は帽子を目深に被りマスクをし一人産婦人科に。
受付で渡された問診票を書く。
ふと頭をよぎったのは、今まで何回も母に聞かされた自分が生まれた日の話だった。
気がつくと書きかけた問診票を受付に返し、病院を出る。
「5分の1…」当たりカード入りのお菓子を5つ買う。
当たりが出たらちゃんと診察を受けると決めた。
当たるはずがない。でも当たらなかったという言い訳が欲しくて次々を箱を開封する。
ハズレ、ハズレ、ハズレ…最後のひとつ。
スマホが鳴る。宝からだった。
宝は、福が小4のときに拾った猫の話をする。
近所の家で飼ってもらった猫のはじめ。
はじめは福が好きだから、福の足音が聞こえたら福に会いたくて窓辺に来てくれるんだと。
でもはじめより好きだから、自分のほうが福を好きだからと。
それを言いたくて電話したんだと。
電話を切ったあと、言い訳を作っている場合ではないと福は走り出す。
再び産婦人科の前に…この日は金曜日、診察時間は午前中まで。
時間は12時を過ぎていた。
土曜と日曜は休診。
「3日以内」
宝の言葉が頭をよぎる。

「他に方法はあったけど、そうしなかったあの時の自分は、頭と心が子供だったんだと思います」
と振り返る福。

第1話終了

 

1話:感想(ネタバレあり)

1話のラストシーンで福は、まるでインタビューに答えているように話をしていましたね。

1話本編の映像が全て過去に起こったことであり、それを振り返っているということなんだなと。

なんかこの形式…この過去のエピソードを振り返って話して、それを映像で流すドラマの手法って…大体いい話にはならないじゃないですか。

この時点で相当不穏な空気を感じるのは私だけじゃないはず。

そうとは知らず、温かい気持ちで若い二人を見守るような気持ちで視聴していたこの気持ち、早々に裏切られたような気分です。

まあ、それはさておき。

最初はすっごく甘酸っぱくてピュアな、微笑ましい高校生カップルの恋愛を見ている感じで雰囲気がすごくいいなって思いました。

福と宝はお互いすごく好き合っていて、大事にしてて、チューしたりギュゥってしたり、心から想いあってて本当に心が洗われるような感じです。

初めてエッチするのにも宝の親がいない日を計画して、福は花火大会行くから遅くなるって親に嘘ついたり、鳥肌が立つくらい青春だし等身大だし、めっちゃいいです。

初めてチューした中2のときの思い出も、いざエッチするときも、笑い合って微笑み合って信頼し合ってて、ある意味見せつけられ過ぎて心が削られたかもしれないです。

若さって素晴らしいですね。良過ぎて逆に瀕死のダメージ受けちゃいました。

支離滅裂になってしまいましたが、とにかく『スゴク良い』ということです。

ゴムが破れるまでは…

問題はここからなんですけど、急に現実に引き戻されたというか、セックスしたら妊娠するんだぞって、ゴムしても完璧じゃないんだぞって、鈍器で頭を殴られたような感覚で夢から覚めた気分です。

恋愛と性の問題で悩む姿が見ていてリアルだなって思っちゃいました。

高校生が避妊に失敗しちゃって狼狽して悩んで不安になって、そんな心情が手に取るように伝わってきましす。

これは福を演じてる桜田ひよりさんの演技が本当に素晴らしくて、どんどんストーリーに引き込まれてしまいました。

もちろん宝を演じる細田佳央太さんの演技も良かったです。

夜の11時枠で流すのもったいないドラマじゃないでしょうか。

とりあえず1話は序章ということで、話の背景は掴めましたね。

これから起こるであろう波乱を戦々恐々としながら次週の放送を待ちたいと思います。

以上

ドラマ『あの子の子ども』はU-NEXTで全話見逃し配信していますので、最初から見直せます。
U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

『あの子の子ども』は別冊フレンドの大人気漫画が原作のドラマとなっています。
よかったらチェックしてみてください。

『あの子の子ども』3話ネタバレ感想|とうとう妊娠を自覚する福。空気が不穏すぎる
『あの子の子ども』2話ネタバレ感想|あの日の事は「なかったこと」にはならない
茅島みずきさんが大人っぽいのに可愛いすぎ|あの子の子ども/矢沢望 役
『あの子の子ども』1話ネタバレ感想。雰囲気サイコーの純愛ものかと思いきや、いきなりハード