スポンサーリンク

当サイトはPRが含まれています。

CODE-願いの代償-第3話ネタバレ感想と考察!もはや全員が怪しい

ドラマ
画像引用:CODE公式サイトTOPページより

2023年夏ドラマ、日本テレビ系ドラマ『CODE-願いの代償-』。

今回は7月16日に放送された第3話を視聴したので感想を書いていきたいと思います。

第2話までで願いがなんでも叶う謎のアプリ「CODE」と概要がわかり、悠香の死の真相を追う湊人。

どこまでCODEが絡んでいるのか謎が多く、既に緊迫した状況となっています。

ちなみにドラマ『CODE-願いの代償-』はHuluで全話見逃し配信しています。
Huluでは14日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Hulu公式サイトはコチラ

 

スポンサーリンク

『CODE-願いの代償-』第3話ネタバレあり、あらすじ詳細

公式のあらすじ

刑事・二宮湊人(坂口健太郎)の婚約者、七海悠香(臼田あさ美)が亡くなった事故への関与が疑われていた寺島貴司の遺体が見つかった。警察は事故死と断定するが、寺島は口封じのために殺されたと考える二宮は、悠香の事件に寺島以外の人間が関わっていると確信する。
そんな中で、「どんな願いも叶える」というアプリCODEに、「悠香を殺した寺島貴司の共犯者を知りたい」と入力した二宮。しばらくすると、悠香が亡くなった日時の監視カメラ映像が送られて来る。なんとそこには、暴力団対策課課長で、二宮の恩人でもある田波秋生(鈴木浩介)の姿が映っていた……。

動揺を隠せない二宮のもとに、CODEから「任務」が送られてくるが、示されているのは位置情報のみ。指定の場所へ行くと、バンが停まっていて、助手席にはアタッシュケースがあった。中には、銃と目出し帽が入っていたが、CODEからは「アタッシュケースをここに運んで下さい」と次の指示が示される。そんな二宮を、同僚の百田優(三浦貴大)と八重樫享(兵頭功海)が張り込んでいて……!?
その頃、フリー記者・椎名一樹(染谷将太)は、ハッカーの三宅咲(堀田真由)から、二宮にCODEを紹介した佐々木慎介についての話を聞いていた。椎名は、佐々木が務めていた不動産会社に向かうが、すでに退職していることが判明。さらに、調べを進めると、驚きの事実が明らかになり……!?

一方、二宮は、悠香の事件についての疑問を田波にぶつけていた。そして、百田の協力を得て、田波についてのある事実が明らかになったとき、二宮が襲われる事件が発生する!
その裏では、謎の女性・三輪円(松下奈緒)が動いているようで……。

CODE公式サイト (C) YOMIURI TELECASTING CORPORATION

あらすじ詳細

田波に命じられて百田と同僚が湊人を尾行している中、湊人は任務に出向いた先のち家駐車場でアタッシュケースを見つけます。その中には拳銃が…ここまでが前回のストーリーでした。

そして第3話がはじまります。

アタッシュケースを手に、任務遂行場所の地図をアプリで確認。残り時間は約40分。

湊人はアタッシュケースを持って歩きで地下駐車場を出ます。

それを百田と同僚が追います。

尾行に気づいた湊人は途中、上手いこと百田と同僚を巻いて現場に。

そこは先日話にあった甲斐グループの覚醒剤取引現場。

湊人への任務は「この人物を助けてください」という文言と動画が。

動画は先日柏木を暴行している映像が。

この人物とは柏木を殺害した木下でした。複雑な表情を浮かべる湊人。

影から覚醒剤の取引が無事に終わるのを見届けると、そこに木下が。

木下「お疲れっすー。今夜の船で出るんで、パスポートを取りにきやした」

甲斐「持ってきたよ。渡してやって」

下っ端「へい」

木下「あと、金を少し貰えれば」

下っ端はセカンドバッグから銃を取り出し木下に向ける。

木下「なんすかこれ」

甲斐「捕まりたくないんだろ」

木下「俺は甲斐さんが言ったとおりに」

甲斐「誰が殺せって言ったんだよ。今大事な時期だからつまんない事で警察に目をつけられたくないんだ。だから悪いけど、一旦魚の餌になってくれ。いつか俺が釣り上げてやるよ」

木下「いや」へらへら。そして急に走り出し逃げようとするも木下は銃で右足を撃たれてしまいます。

木下「いってええええええええ」倒れて撃たれた足を押さえます。

そんな木下に歩み寄る甲斐たち。

木下「お願いします。殺さないでください」

甲斐「無理」

そこで湊人が銃を片手に飛び出して甲斐グループの一人を人質にとり「銃を置け」と命令します。

湊人「撃てばこいつも道連れだ」

甲斐「別にいいけど」

湊人は甲斐に銃を向けますが、全く意に介せず湊人に歩み寄る甲斐たち。

湊人「銃を置かないとお前を撃つ」と甲斐に忠告します。

甲斐「撃てんのか?警察が丸腰の市民を撃てんのか?めんどくさいからお前も魚に食われろ」

かなり状況が悪い湊人。

そこに

百田「動くなー。警察だー」

百田を含め10人弱くらいの刑事が甲斐たちに銃を向け現れまました。

動けない甲斐たち。覚醒剤を発見する刑事。

覚醒剤が入った袋を手にした刑事が「これはなんだー」と叫んだ瞬間、走って逃げ出した甲斐。

現場は乱闘のように荒れ、甲斐グループのメンバーを次々逮捕していきます。

その隙に甲斐は走って逃げてしまいました。

百田が無線で甲斐を覚せい剤取締法違反で指名手配をするよう要請します。

湊人のスマホにはCODEから「任務完了」の通知が。

そして百田は田波に電話して、湊人が覚醒剤の取引現場で摘発に向かっていた事のあらましを伝えました。

そして湊人に「課長が明日課に来るように」と言伝します。


次の日

刑事課にのフロアに来た湊人を呼び止める田波。

田波「二宮、少し話そうか」と別室に。

別室で柏木の件での訴えが取り下げられたこと、謹慎処分が解かれることを田波に告げられます。

また田波は、本庁の組対に欠員が出たから湊人に行くよう伝えます。

ただ、湊人は悠香さんの死の真相を突き止めるまで、今の刑事課を離れるきはないと。

そして寺島を動かした人間がおり、それが警察内部の人間だと思う旨を話します。

寺島の死因が殺人から事故に改ざんされ、それができるのは捜査をコントロールできる警察関係者だけであると。

湊人は田波に直接訊きます「誰か心当たりはありませんか?」

田波「俺にあるわけないだろ。悠香さんの件は別の人間にまかせると言ったよな。異動は秋だから返事は急がない。よく考えてくれ」と言って席を立ちます。


屋上で湊人は百田に、田波が寺島を警察署内のエレベーターマシンルームに手引している動画を見せます。

その動画を見た百田は「課長?お前まさか、悠香さんの事件に課長が関わっていると言うのか?」

湊人「一緒に調べてくれないか?」

百田「協力してやるよ。その代わり、一人で動くな。いいな」

湊人「ありがとう」

こうして湊人は婚約者が殺害された不可解な謎を追うのに、百田の協力を得ることになりました。


エレベーターの扉を閉める作業員の動画(1本目の動画)を見ながら

咲「この男、二宮が追っかけてた男だよね。こいつが七海悠香を殺したんだよ。二宮は恋人殺した犯人を見つけるためにCODE使ってたんじゃないかな?」

椎名「その寺島って奴、昨日死んだよ。また新しいプレイヤーでも探すか」

咲「プレイヤーならもう見つかってるよ。しかもただのプレイヤーじゃない」

PC画面にプレイヤーの情報を出します。

画像引用:CODE公式WEBサイト

咲「こいつ、二宮にCODEを紹介した人」

椎名「佐々木慎介」

咲「二宮の大学の同期だって」


椎名は佐々木の職場である不動産屋に客として訪れ、大学の同期「二宮」を名乗り佐々木を呼び出してもらうも、佐々木は3ヶ月前に退職していた。

退職理由を訊いても個人情報ということで簡単には教えてもらえず、不動産投資の話にかこつけて対応してくれた男性社員と社外で会うことに。


刑事課では、田波が席を外したタイミングで田波のカバンを調べる湊人。

田波のスケジュール帳をコピーし、屋上で百田と落ち合う。

画像引用:CODE公式WEBサイト

スケジュール帳には悠香の事件の3ヶ月前から3回記入された怪しい数字が。

湊人「なんだと思う?」

百田「さぁ」


夜、とある店にて男性社員と落ち合った椎名は佐々木の退職の理由を訊きます。

佐々木の退職理由は1億円の横領、また常務が国交省のお偉方に賄賂を渡した情報を嗅ぎつけ、それを理由に横領を見逃すよう交渉。

こうして表向きには佐々木の自主退社ということになったようです。

家も引き払っていて今ではどこにいるかもわからないとのこと。

椎名は佐々木が行きそうなところを聞き出して尋ねることに。

そしてとある民家の竹林で佐々木を発見し、声をかけます。

椎名「佐々木さんですよね。佐々木慎介さんですよね」

佐々木は一目散にすに逃げ出し、追いかける椎名。

どうにか佐々木を捕まえてCODEのことを訊く。

佐々木「スマホを出せ」と叫ぶ佐々木にスマホを差し出す椎名。

佐々木は椎名のスマホ画面を見て「CODEは入れてないよな」と確認しスマホを椎名に返す。

佐々木「(スマホの)電源を切れ」


百田「スケジュール帳の数字の意味がわかった」と一枚の紙を湊人に渡します。

百田「課長の口座記録。スケジュール表の数字と一致する」

湊人「数字は入金された金額か」

百田「悠香さんの事件の2か月前から合計1,200万円を入金している。誰かから金を受け取って相手の証拠が残らないように自分で入金したんじゃないかな。金の出処を調べれば何かわかるかもしれない」

湊人はこのお金が悠香の事件に関わっているのか必ず突き止めると誓います。


2つにアタッシュケースを持って歩く甲斐。

コインランドリーにあるコインロッカーにアタッシュケースを入れ、鍵をロッカーの上に置き立ち去ります。

入れ替わりに現れた謎の女(松下奈緒)がロッカーから2つのアタッシュケースを取り出しとある立体駐車場に。

そこで待ち構えていた車の中には2人の男が。そのうちひとりにアタッシュケースを渡します。

男はアタッシュケースの中身を確認、中には特殊警棒が。


湊人が自宅で田波のスケジュール帳コピーと口座記録を見ているとインターホンが鳴ります。

インターホンにて作業服を着た男「下の階で内装工事をしている者ですが、二宮さんの車を擦ってしまって」

湊人「すぐに行きます」

そしてマンションの駐車場に。

湊人が駐車場に到着すると、作業服の男は「すいません。ここです」と。

車に傷がついているか確認しようと屈む湊人に男は特殊警棒で殴りつけました。

湊人は咄嗟に両腕で特殊警棒を受け止めますが、後ろで控えていたもう一人の男が特殊警棒で湊人を殴り湊人は気絶してしまいます。

湊人は気絶している間に夢を見ました。

事故の日、悠香が事故のあったエレベーターに乗り込むシーンです。

湊人は悠香がエレベーターに乗り込むのを止めようとしますが間に合いません。

そして目が覚めました。

殴られて痛む頭を押さえながら部屋に戻ると、湊人のバッグが荒らされています。

田波のスケジュール帳コピーと口座記録がありません。


湊人は百田に電話し、襲われたことと口座のコピーを奪われたことを説明します。

湊人「もう一度口座のコピーをとってきてくれないか?」

百田「それが…今朝、課長の口座記録を遡ろうと銀行に連絡したら、不正入金の記録がなくなっていることがわかった。これで証拠がなくなった。課長が全部やらせたんだろうか」

湊人「わからない。明日田波さんと話してみる」

田波さんを自宅に招いて、悠香と 3人で食事をしながら話をしていた思い出を回想し、そして悠香に写真に語りかけます。

あんなに良くしてくれた田波を疑っていることが正しいのか、心が揺らぐ湊人。


謎の女(松下奈緒)が歩く先には…田波がいます。

田波の前で立ち止まる謎の女に、田波は封筒を渡し、立ち去りました。


出勤してきた田波にすかさず立ち寄る湊人。

湊人「田波さん、お話があります」と別室に。

湊人「要件はわかっているはずです」

田波「本庁への異動の件か」

湊人「悠香の事件のことです」

田波「新しい手がかりを掴んだのか」

湊人「ある人物の銀行口座を調べました。そこには数回にわたり高額の入金があることがわかりました。その入金は悠香の事件を境に終わりました」

田波「その人物が悠香さんの死に関わっているというのか」

湊人「はい」

田波「誰の口座を調べた?」

湊人「田波課長です」

田波「何言ってる」

湊人「口座記録は昨日の夜奪われました。田波さんがやらせたんじゃないんですか?」

田波「馬鹿なことを言うな」

湊人「本当のことを話してください」

田波「お前、自分が言ってることわかってんのか?」

湊人「他にもあります」とスマホを田波に渡し、動画見せる。

湊人「これは事件があった日です。寺島を庁舎内の立ち入り禁止区域内に入れた人物が映っています」

動画に映った自分を見た田波は「何なんだこれは」と湊人に訊きます。

湊人「寺島とはどういう関係だったんですか?」

田波「関係も何も、俺はこんな男知らない」

湊人「だったらこの映像は何なんですか?」

田波「俺のほうが知りたいよ」

湊人「カネをもらった相手は誰なんですか?どんな理由があって悠香を」

田波「いい加減にしろよっ!俺が悠香さんの命を奪う理由は何なんだ?言ってみろ」

コンコンコン

ドアを開け入ってくる百田。

百田「理由なら、ここにあります」

事件の1ヶ月前に悠香と田波が交わしたメールを解析したプリントアウトを見せる百田。

百田「課長と暴力団幹部との間に金銭授受の事実がわかったので、上に報告すると記されています」

田波「俺はそんなメールをやり取りした覚えはない」

百田「課長の口座にあった入金記録は、この暴力団幹部から受け取ったカネですね。この事実はまだ公にされていません。口封じなら悠香さんの命を奪う動機になります」

しばらく考え込む田波。

田波「お前ら本気で言ってるのか?答えろ二宮、百田…答えろっっっっっ」

百田はポケットから書類を出しそれを見せながら「課長に逮捕状が出ています。暴力団幹部からの収賄容疑です。七海悠香さん殺害に関しては取り調べでゆっくり伺います」

手錠をとりだし湊人に渡す百田。

湊人はそれを受け取り、田波に手錠をかけます。

湊人「午前9時20分、田波明夫、収賄罪で逮捕する」

連行される田波。

デスクにて

百田「まさか、こんなことになるなんてな」

湊人「こんなメール、どこで手に入れたんだ」

百田「いきなり送られてきたんだ」

湊人「誰から」

百田「わからない。見覚えのないアドレスだった。メールの内容が事実か確かめるには課長に直接当てるのが手っ取り早いと思ったんだ」

湊人「よく逮捕状がとれたな」

百田「捜査一課の西尾管理官に協力してもらった」

湊人「管理官に」


管理官室にて

百田「今回はありがとうございました」

湊人と百田と西尾管理官と話をします。

湊人は悠香の殺害について田波を取り調べしたいと申し出ますが、警察の信用が失墜するという理由で田波の件は収賄罪で処理すると言う西尾。

そして週明けから本庁で特殊詐欺事件の対策室に行けと言われるが固辞するも「行ってもらう」と言い残し西尾は去っていく。


このままじゃ納得いかないという湊人。

百田「心配すんな。あとは俺に任せろ」

そこに同僚刑事が「二宮さん、受付にお客さんが、佐々木慎介という人が」

湊人「佐々木が?」


ロビーに行くと佐々木ではなく椎名が。

椎名「佐々木さんの使いできました。CODEの件で。あなたになら話すというので直接話してください」

電話で佐々木と話す湊人。

佐々木「久しぶり」

湊人「久しぶりって、お前とはよく話してるだろ」

佐々木「らしいな」

微妙に噛み合わない会話。

湊人は椎名の車に乗って佐々木がいる民家に。

それを追跡する謎の女(松下奈緒)。

画像引用:CODE公式WEBサイト

画像引用:CODE公式WEBサイト

佐々木が身を隠している民家で佐々木に会う湊人。

湊人「佐々木。何がなんだかさっぱりわからない。説明した」

佐々木「お前CODE使ってるんだって?」

湊人「お前が教えてくれたんじゃないか」

佐々木「そうらしいな。その人(椎名)にも聞いた。とにかく本当に俺じゃないんだ。俺はもうスマホもパソコンも使っていない。ただ、俺の名前を騙ったやつが二宮にCODEを教えたというなら放っておけない」

そしてCODEを使って贅沢を手にしたが、その代償として様々な悪事に手を染め1億円の横領に至ったこと、逮捕されないように願って国交省への賄賂の情報を手にしたが、最終的に殺人の任務が来たことを喋った。

しかし殺人などできるはずもなく、任務を放棄して逃げ、そして死の制裁からも逃げたんだと。

佐々木「だから、CODEに見つかったら殺される」

そう話している間に謎の女は3人組の男たちにアタッシュケースを渡す。

3人はアタッシュケースの中の目出し帽を被り拳銃を手にして車を降りる。

そして佐々木と湊人と椎名のいる民家に押し入り…

銃声が

第3話ここまで

 

考察と疑問点、感想など

このドラマ怖いです。

何が怖いかって、誰も信じることができないですから。

 

疑問その1『本当に田波は犯罪を犯しているのか』

そもそも本当に田波は悠香の死や暴力団の収賄に関わっているのでしょうか。

確かに謎の女(松下奈緒)に封筒を渡しているシーンはありますが、それすら誰かからの指示か、CODEに関する指示なのかもしれません。

田波の口座記録も誰かが改ざんしている訳で、記録があったのか、なかったのかすらわからない状態。

悠香とのメール記録だって寺島を手引した動画だって捏造の可能性があるわけじゃないですか。

田波の反応を見る限り、もしかしたら田波はそれらの証拠を捏造されて犯人に仕立て上げられているだけのような、そんな気さえしてしまうのです。

収賄の口封じが悠香を殺す動機になるという流れですが、そもそも悠香が殺されたのは、ひき逃げ事件で残されたドライブレコーダーの削除されたはずの復旧データで「何かを見たから」という描写がありました。

あれがミスリードを誘っている描写だとは到底思えないんですよね。

田波は何かしら関わってはいるけど、悠香の死には関わっていないと私は思っています。

 

疑問2『誰も彼も怪しい』

CODEか関与していると仮定づけた場合、実際に「あった」事も「なかった」事になるし、「なかった」事も「あった」事にされてしまいます。

動画もメールの解析データもフェイクの可能性があるし、実際口座記録さえも改ざんされています。

同僚の百田に匿名で送られてきた課長と悠香のメール内容。

百田すら怪しく思える始末です。

 

まとめ

他にも様々な疑問が山積しており、まだ詳細は不明。

佐々木に成りすました何者かが湊人と連絡を取っていたのは誰なのか。

寺島はCODEに願って逃走できたのだと思うのですが、なぜ殺されたのか。

そもそも松下奈緒が演じている謎の女は何なのか。

CODEに願うものと、その願いを叶えるために他の誰かが遂行する任務。

絡まった糸のようにまだ一つ一つの繋がりが全く見えてきません。

CODEというアプリの存在はあらゆる結末でも、可能にできる万能性がありすぎて、丁寧にストーリーを紡いでいかないと非常につまらない終わり方になる恐れもありますよね。

チープな結末にならないよう、誰もが納得できるエンディングになることを願うばかりです。

 

ドラマ『CODE-願いの代償-』はHuluで全話見逃し配信しています。
Huluでは14日間の無料トライアル期間があるので、まだ試していない方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Hulu公式サイトはコチラ
ドラマ
スポンサーリンク

シェアする
エンタメTIMES